「届けてください」~豪雨災害救援募金

c0345433_14175144.jpg
各地で、「豪雨災害の救援募金」に取り組まさせていただいています。

枚方ビオルネ前や、くずは駅前、長尾駅前など、どこでもたくさんの方が、ご協力していただいています。

お子さんは、自分の財布から、お金を握りしめて「届けてください」と。

人として大切なもの、あたたかいものを感じながら、私も力になれることはないかと考えています。

8月には、時間を空けることができたので、西日本豪雨での被害地域に、ボランティアにいく予定です。(後日、報告させていただきます)

日本は、台風や地震など、災害が多い国。その国で生きているものとして、天災のときに、命をまもるために、何をしておかなければならないのか、政治の役割も問われます。

今日、お話をきいたお宅では・・・
「地震や豪雨で、携帯に警報の連絡がはいります。でも、障害をもっている息子と、病気を患っているお父さん。にげろ!と言われても、どうやって逃げたらいいのか、分からない。死ぬときは、一緒に家で・・・」と話されていました。

その他の方も、「豪雨で、逃げるように言われても、足が悪いし、逃げようにも逃げれない」など、声が多数寄せられています。

地震の時、豪雨の時、どのように逃げるのか、どこに避難するのか、しっかりと考えていかなければいけません。

なぜなら、いまは、「南海トラフ」地震が来る前ですから!

私も微力ながら、命と暮らしを守るために、奮闘する決意です166.png
c0345433_14172630.jpg

c0345433_14173800.jpg
(枚方ビオルネ前にて)

by shoot128 | 2018-08-01 14:27 | 地域を走る | Comments(0)

みわ(三和)智之 日本共産党 枚方市・府政対策委員長


by shoot128