豪雨災害救援募金に取り組んでいます

c0345433_08064814.jpg
9日、「自分にも何ができることはないかと」、緊急に、枚方市駅前にて『豪雨災害救援募金』にとりくみました。また、10日は光善寺駅前でも「募金」に取り組まさせてもらっています。

記録的な豪雨により、150人を超える方が犠牲になり、行方不明者も未だいらっしゃいます。
避難生活を余儀なくされる方も1万人を超えています。

日本共産党は、対策本部を設置し、市民の声を聞き対応をおこなっているところです。

いまは何より、行方不明者の捜索と、これ以上の被害を防ぐ努力とともに、避難生活をされている方の支援が必要です。そして、生活再建にむけた支援の強化が求められます。災害大国・日本での政治の役割を発揮しなければいけません。

大阪・枚方でも、この間、大阪北部地域を襲った地震の被害、その後の土砂崩れなどの被害も起きています。

市民の声を、自治体に届け、改善を迫っていきます。






by shoot128 | 2018-07-11 08:21 | 地域を走る | Comments(0)

みわ(三和)智之 日本共産党 枚方市・府政対策委員長


by shoot128