新年おめでとうございます

c0345433_11565837.jpg
2019年1月1日ー元旦から枚方中を宣伝カーでまわり、多くの方から激励の声援をいただきました。

さあ、今年は、憲法が問われる年です。日本共産党は、憲法を守り生かすためにがんばります。

そのために、国民投票を実施させないために、国会発議を許してはなりません。

国民投票法では、国民が自由に意見を交わすことが必要と、規制は最小限度になっています。国民投票の時に、宣伝のビラやポスター、宣伝カーのための台数など制限がなく、自由にできまし。テレビCMや、新聞広告も自由にできます。しかし、公務員や教員のみなさんの運動は規制させるおそれがあります。

ということは・・・・資金力があるところが、テレビCMや有料の広告が多数でて、投票を左右する危険があります。
また、国会が改正案を提案してから、投票日まで最短60日と短かすぎること、最低投票率がきまっていない問題もあります。


安倍政権のもとでの改憲は許さない!

いまの日本国憲法は、「戦争はしない」「武器はもたない」と誓い、個人の尊厳を何よりも大切にした、世界に誇るべき憲法です。
改憲なんて許せません。

しかし、安倍政権のもとでの9条改憲はNO!ーその一点で、共同をひろげていきたいとおもいます。

安倍首相は、憲法9条に自衛隊を書き込むと話されていますが、これが実現すれば、戦力の不保持や交戦権の否認などの規定は空文化してしまいます。

憲法9条の規定があったからこそ、戦前の日本のような軍国主義と決別し、くらしや、教育、文化などに予算が振り返られてきた。

けれど、安倍政権は、この間、くらしの予算を削って、軍事費は、毎年過去最高を更新し、5兆円を超えています。多くの学者が指摘する憲法違反の安保法制や共謀罪を強行採決し、憲法をないがしろにしています。

こうした政権が、憲法そのものを変えるというのは、危険です!

「安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一3000万人署名」をひろげるためにがんばります166.png


by shoot128 | 2018-01-04 12:59 | 地域を走る | Comments(0)

みわ(三和)智之 日本共産党 枚方市・府政対策委員長


by shoot128