未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧
国民が期待することと乖離する政権ではないでしょうか?

2年前の総選挙で、民主党は、「国民の生活が第一」と政権党になりましたが・・・


c0345433_14551725.gif
野田首相の素顔は

消費税のこと 

「(消費税率10%増税の)税と社会保障の一体改革は避けて通れません」と公言している野田氏。
 
 2年前は「4年間は消費税を上げない」としていたのに・・・。消費税は立場の弱い人に重くのしかかる税金。中小・零細企業は、消費税を価格に転嫁できず、赤字でも取られる税金。

 これでは、「国民の生活が第一」とはいえないのでは!!!


原子力発電所について

「原子力発電の信頼を回復させる」「安全性を確認した原子力発電所の活用」を、代表選で主張した野田氏。また、「(停止中の原発について)安全性のチェックをして再稼動」と。

 いま、8割の国民が、原発の廃止・縮小の声なのに・・・・・

 経済産業省が設置したやらせ問題の第三者調査委員会で、8月30日に中間報告を発表。
 九州電力、四国電力、中部電力のプルサーマル関連シンポジウムでもやらせ発覚!

 こういう問題が発覚しているときでもあり、原発は、事故がおこったときなどに、放射能汚染を収束させることができない、まだ未完成の技術。

 世界でも原発から撤退を宣言している国も。ドイツ政府は、2022年までに原発から全面撤退することを決定し、発電量の40%を原発に依存しているスイスも撤退を決めた!


自民党との連立

「(自民、公明両党との大連立は)成功するまで何度もお願いしていく。101回でもプロポーズする」(8月18日)

憲法「改正」

「(現憲法は)とても新憲法と言える代物ではありません」


「ジャパンドリームの実現だ。(菅首相とは)首から上の質が違う」と財界(米倉日本経団連会長)が大歓迎している野田氏に、「国民の生活が第一」の政治はできるのか!?
# by shoot128 | 2011-09-01 12:03 | 政治・経済のこと

公約実現にがんばります

選挙結果は、9,056票を獲得しましたが、当選には至りませんでした。

演説を聞いてくださったり、手を振って応援してくださったみなさん。本当にありがとうございました。

私は、選挙戦の中で、「保育所がなくて、電車に乗って子どもを預けてから仕事にいっている」「年金が減って、保険料もたかい。生活が大変・・・」など、多くのみなさんから、市政に対する切実な要望や、市民の声を聞いてきました。

今回の選挙戦の中で、、子育て支援のことが、選挙の争点として取り上げられたことは、本当に大事な意味をもっていると思っています。

今後、私が、公約で訴えた「子育て支援」「市内経済の活性化」「福祉の充実」などの実現にむけて、引き続き、様々な取り組み、運動をひろげていく決意です。


以下、開票結果  (投票率36.13%(前回33.16%))
                                      
当選 竹内 脩  62歳 無所属     現  54,246票    46.69%(投票率)
    中司 宏  55歳 無所属     元  42,649票    36.70%
    みわ 智之 36歳 日本共産党 新   9,056票    7.79%
    大田 幸世 62歳 無所属    新   8,937票    7.69%
    円若 正彦 67歳 無所属    新   1,306票    1.12%




c0345433_14551671.jpg


c0345433_14551771.jpg


各地で訴えをさせていただきました。選挙期間中の姿・・・
# by shoot128 | 2011-08-29 14:50 | 枚方市の政治
20日は、宣伝カーで、牧野やくずは方面をスポット宣伝にとりくみました[emoji:e-125]

スーパー前では・・・・
「がんばってくださいね」と握手してくれる方
ランニング途中で、戻ってきて「応援してるで」と握手してくれる方
また、マンションの5階で、私の訴えを最後まで聞いてくれ、最後に、手を振ってくれる方もいらっしゃいました。


夕方は、枚方市駅前で宣伝をおこないました。

枚方まつりで、人も多く、リーフレットも多くの人に受け取ってもらいました。

あるお年寄りの方は、ビラを受け取ってくれて「がんばってくださいね。生活よくするために、よろしくおねがいします」と握手をしながら、私に訴えてくださいました。

また、「あなたが!若いですね。家にチラシが入っていたので読みましたよ」と嬉しい声も。
「がんばってくださいね」と若い方もリーフレットや名刺を多くの方に受け取ってもらいました。




明日からは、選挙法上、ブログの更新はできません。


ぜひ、まちで見かけたときは、声をかけてください。
また、手を振ってくださるだけでも、すごく励みになります。


「子育てするなら枚方で」「老後も枚方で」といわれる枚方へ、最後まで全力でがんばっていきます[emoji:e-271]
# by shoot128 | 2011-08-20 18:56 | 枚方市の政治
K−CATほっとニュースの取材をうけました。

2分30秒の取材でした。ケーブルテレビで放送されます。


放送日は。
 8月25日(木) 26日(金)
   11時30分~、13時45分~、16時15分~、17時45分~、
   19時15分~、21時00分~、23時00分~

 8月27日(土)
   12時15分~、23時00分~

 8月28日(日)
   12時15分~


何回も撮り直しをしました。時間が短いので、十分にすべての思いを語ることができませんでしたが、ぜひ視聴してみてください・・・・・
# by shoot128 | 2011-08-20 14:33 | 枚方市の政治
三和智之さんの人柄と理念をもっと知りたいと思います 
私は、18歳から設計会社ではたらき、舞台設計などにとりくんできました。仕事は本当にやりがいがあり、自分の設計した物が完成したときの達成感は忘れられません。しかし当時は、派遣労働がひろがりはじめ、低賃金と長時間労働が当たり前になっていました。その中で、私の活動の原点は、「若者が働き続けられる社会をつくりたい」という思いです。安心して働く場所があり、安心して年を重ねていける社会をつくりたいとおもいます。
 3人の息子をもつ父親として「保育所に入れない」「収入が減って生活も子育ても大変」など、切実な声に胸が痛む日々です。
子どもから、お年寄りまで、未来に希望をもって生きいきと生きられる枚方市をつくりたいとおもいます。

現在の趣味は何ですか?
スポーツが好きで特にサッカーです。ワールドカップは燃えました。休みの日は、子どもとサッカーを楽しんでいます。また、歌を歌うことも好きです。カラオケはストレス発散の場です。

「イクメンパパ」ということですが、育児は大変ですか?
大変なこともありますが、子どもの成長、笑顔に癒され、励まされています。3人とも男の子で、これからの成長が楽しみですが、いま、ケンカも激しくなり、これから心配なことも・・・・。

お子さんが3人ということですが、どんなお子さんですか?
サッカー好きの9歳の息子、寝るまでおしゃべりをしている4歳の息子、やっと笑い始めた四ヶ月の息子。みんな、個性があって、すてきな息子です。
いま、9歳の息子とは、リフティング対決をしています!

中学時代のサッカー、高校の男声合唱団というのにギャップを感じますが…。
実は、高校でもサッカーをやろうとおもっていましたが、淀工の入学式や物品購入時に、クラブの先輩が荷物運びをしたり、新学期の4、5月は、一年生のクラスにいって友達になる作戦のなかで、グリークラブの先輩とつながってしまいました。
 初めは、なんのクラブなのか分からず、そのまま、クラブ紹介に。突然、コーラスが始まった!びっくりしましたが、先輩が楽しそうに歌謡曲やギャグソングを歌っている姿をみて、入部しました。
 クラブで送った3年間は、歌のすばらしさ、クラブ部員全員が舞台に立ち、演奏することによって、仲間と力を合わせるすばらしさを感じた大切な思い出です。

設計会社ではどんな仕事をしていたのですか?
舞台の設計をしていました。周り舞台や、迫り(舞台の床を一部を切り抜き、役者や大道具などを上下させる装置)の設計、緞帳など吊り物の設計をしていました。また、プラントの設計、粉じん機の設計をおこなっていました。

今回決断した最大の理由は
 中司さんが市長になった16年前から、市民のサービスがどんどん削られてきました。その市政を引き継いだ竹内市長も、老人ホーム「菊花寮」の廃止や、国民健康保険料の値上げ、学童保育を充実させなかったり、待機児の解消が求められているときに、保育所を増設せず、廃止しようとしています。
 「官製談合」で辞任した市長と、市民いじめを進めてきた「現市長」、どちらも住民のくらし応援の枚方市を実現することはできません。
 枚方をかえるには、新しい世代、力が必要だとおもいました。そして、子育てしやすいまちにするためにも、子育て世代である私が一番、悩みも思いもかんじていますので、私が、同世代の願いを訴えることができると思います。
 また、若い世代が活躍することが、これからの未来をつくっていく力になるとおもったからです。

ご家族の反対はありませんでしたか
驚いていました。でも、私の思いをつたえると、「がんばって」とエールをもらいました。生まれたばかりの子どももいて、家族には大変な苦労をかけますが、家族とともに、がんばっていきたいとおもいます。

市長としてどんな枚方をつくりたいと考えていますか
 まず「失われた16年」を取り戻したいです。昔「子育てするなら枚方で」「老後は枚方で」といわれた枚方が、中司市政とそれを引き継いだ竹内市政の構造改革で、市民が苦しむまちになってしまいました。
 市政がかわれば、実現できることはいっぱいあります。子どもの医療費を中学まで無料にすることや中学校給食を実現することは大阪府の助成を上手に使いながら市も努力をすれば可能です。また、住宅リフォーム助成や自然エネルギーの活用で仕事と雇用を増やし市内の経済を循環させることも大事です。
 「市民とともに考え、つくる」をモットーに若者・子育て世代から未来につながる枚方をつくりたいと思います。

c0345433_14551530.jpg

# by shoot128 | 2011-08-20 13:52 | 枚方市の政治