未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年5月22日~23日の二日間、福島県郡山市までボランティア活動に参加しました。

仮設住宅の方のお話、「安全な野菜を子どもたちに」と取り組んでいるお母さんのお話、現地の日本共産党の方のお話を聞き、現地に行かないとわからない原発事故の深刻さを実感し、放射能の被害が、深く広く影響を及ぼしていることの一端を知ることができました。

「お好み焼き」ボランティアを通じて

「おいしい」「これが本場のお好み焼きか~」「上手に手伝えたで~」「マヨネーズかけすぎ!」——二箇所の仮設住宅で、笑顔とともに会話が弾みました。

今回、初めて仮設住宅で暮らしている方とともに、共同作業でお好み焼きをつくり、食べてもらいました。一体感がありとてもよかった。

c0345433_14583445.jpg


食べながらお話しを聞くと、追い炊き機能がついたことなど改善されて喜んでいると同時に、「布団が干す場所がない」など要望も。ある方に「政府の収束宣言撤回」署名を頼んだら「私の住所はどこだろう?」と。住む場所が決まらず、帰る場所がない被災者の深刻な状況を目の当たりにしたように感じました。

また、東電関係者が多く、放射能から身を守ることは一致点になりやすいが、原発NOはシビア。郡山市でも至る所に東電からの援助金がばら撒かれており、住民を団結させにくい状況を作り出していることを実感しました。


「安全な野菜を子どもたちに」と、NPOアースウォーカーズのお母さんたちと、幼稚園に届ける

今回、15箱の野菜を届けることができました。

c0345433_14583442.jpg


c0345433_14583506.jpg


アースウォーカーズのNさんは「本当にありがとうございます。野菜が空を飛ぶようになくなりました。子どもを守る母の愛は強し!今後ともよろしくおねがいします」とお礼の言葉をいただきました。

また、幼稚園では、園児に取り囲まれて「トマト好き!」「きゅうりがいい!」と大はしゃぎ。最後は、園児が手を振ってお別れをしてくれました。

c0345433_14583563.jpg

(日本共産党福島県議会議員 神山悦子さんも一緒に訪問しました)

現在、郡山市の線量は0.1μSv/hほど(モニタリングポストは、当初の場所から除染した場所に移動させた!)ですが、2日目に行った仮設住宅では0.157μSv/h。

この仮設住宅の中の保育所では、外遊びは1日30分以内だそうです。

c0345433_14583542.jpg


c0345433_14583660.jpg


郡山市の川を挟んで北部はいま除染作業中であり、南部は来年の予定。

公園でお祭り再開の歓迎ムードはあるものの、公園の落ち葉付近では放射線量が高いことも事実。マスクをしている人も減り、放射線に「市民が慣らされてきたことが怖い」との声を聞きました。

子どもたちの安全を守るために、何ができるのか真剣に、早急に考えないといけない。原発事故から2年が経っていますが、放射能を含んだ泥を処理する場所もないので、放置している状況であり、除染作業は業者任せになっている現状に深刻さを感じました。


被災地・富岡町に視察にいって

4月から一般市民が入ることができるようになった富岡町。

c0345433_14583629.jpg


c0345433_14583672.jpg


c0345433_14583766.jpg


車はひっくり返り、店や家は崩壊・・・2年前の津波が襲ったそのままの現状に言葉を失いました。同時に、放射能の影響で、まったく復興が進んでおらず、岩手県などとは違った深刻さを感じました。
by shoot128 | 2013-05-26 16:28 | 震災・原発のこと
c0345433_14583316.jpg


5月17日

作家の赤川治郎さんが、「エンタテイメントの中の戦争」と題して「9条の会」で公演をされました

開場は、1200人の人でいっぱい
c0345433_14552074.gif


赤川氏が、学生時代や働き始めたときに感じてきたことなど、体験してきた話から、原子力発電所を続けることに問題があることを話されました。

また、震災でつぶれた建物などを残すかどうかの話の中で、中学生が、「1000年後の命のために、今できることを精いっぱいしようと思います」「今は震災後ではない、次の震災の前だ」と。

希望がここにあるとの話に、私も感動しました。




また、殺伐とした小説が流行っているが、「どんなに戦闘シーンを詳しく描写しても、本当の戦争の恐ろしさを描いたことにはならない」と、深い話をされました。

ある映画で、こんなシーンがあったそうです。

「空襲の中を、必死で、赤ちゃんを抱いて逃げる子ども」「防空壕に隠れて、泣かないようにあやす」「戦争が終わり、平和な時代になった」「しかし、赤ちゃんは、静かな環境では眠れなくなった」
爆弾の中を生き延び、爆音の中で育ってきた赤ちゃん。爆弾が飛び交わなくなり、平和になったが、爆音のしない、静かな中では、眠れなくなってしまった赤ちゃん。
これが、本当の恐ろしさ。戦争は、人間をこわしてしまう。

続いて、「想像力」が大事だと赤川さん。

「想像力が欠如すると人に頼ってしまう。これが一番危険。想像力を育てることが小説の役割」と。

ミステリー作家は、社会悪を見つめ、権力に対して鋭い視線をもつことが大事ではないか。

とてもいいお話を聞かせていただきました
c0345433_14552074.gif





朝日新聞に掲載された赤川治郎さんの投稿

c0345433_14583300.jpg


c0345433_14583309.jpg

by shoot128 | 2013-05-19 10:56 | つどい、演説会、集会など
たつみコータローさんが、枚方にやってきました。

5月15日「党と後援会の決起集会」には300人が集まりました。

各後援会から、決意表明があり、私は、山下よしき参院議員に成り代わって「憲法を守れ」と訴えさせていただきました。

その後、たつみコータローさんが音楽にあわせて登場

c0345433_14583215.jpg


たつみさんの迫力ある30分の訴えに「元気が出た」「やるぞ」とみなさん決意!

実体経済は何も変わらないのに、株価を引き上げ「バブルと投機」を推し進めるアベノミクス

TPP、憲法の問題でも、いま、日本経済、社会と国民の生活をまもるのか、それとも、亡国の道にすすむのか、問われています。

未来に希望のもてる社会をごいっしょにつくりましょう。

c0345433_14583270.jpg


たつみコータローブログ

c0345433_14583218.jpg

右から 石村淳子市議、黒田まさ子前府会議員、たつみコータローさん、私みわ智之、広瀬ひとみ市議、つつみ幸子市議
by shoot128 | 2013-05-16 15:11 | つどい、演説会、集会など
過去の日本の戦争を侵略戦争とみとめない・・・日本の安倍政権

安倍首相は、5月8日の参院予算委員会で「侵略の定義については、学問的なフィールドでさまざまな議論がある。政治家としてそこに立ち入ることはしない」と・・・・

過去の軍国主義による侵略戦争を「自存自衛の正義のたたかいだった」「アジア解放のための戦争だった」と美化する靖国神社を参拝

過去の侵略と植民地支配を「国策の誤り」と認めた「村山談話」にも反する

こんな戦争への無反省な態度を許してはいけない!

いま、怒りの声が、韓国や中国だけでなく、アメリカ政府からも寄せられています

朴韓国大統領がアメリカ議会で発言したことは重要

訪米中の韓国大統領の朴氏が、上下両院合同会議で発言されました。

日本を念頭に「歴史に目をつぶる者は未来が見えない。歴史に対する正しい認識をもてないことは、今日の問題でもあるが、さらに大きな問題は、明日がないということだ」と批判

重要な発言だ! 日本政府もしっかり正面からうけとめるべきだと思います。

朴大統領は、7日には、米韓首脳会談で、安倍政権への不信感を示しています。

また、「今日まで東北アジア地域は、協力の潜在力を肥大化させられないでいる」と指摘して、「域内国家の経済的力量と相互依存は日々増大しているが、歴史に始まる葛藤はさらに深まっている」と。

この問題を克服するビジョンとして「東北アジア平和協力構想」を提唱。アメリカと北朝鮮を含む東北アジアの国家が「環境、災害救助、原子力の安全、テロ対応などの課題から、対話と協力を通じて信頼を重ね、少しづつ違う分野まで協力の範囲を広げていく東北アジアの多国間対話プロセスを始めるときがきた」と!

日本の政権は、北朝鮮など、不安定なアジアの国を見、軍事力の強化や、戦争できるように、憲法を変えて、軍隊をもてるようにするなどの動きが活発ですが、やることが間違っている!

いま大事なことは、対話と協力をつうじて信頼関係を重ねることではないでしょうか
c0345433_14552074.gif


時事ドットコム2013年5月9日付ニュースより  詳しくは
by shoot128 | 2013-05-09 11:23 | 政治・経済のこと
第51回 交野 枚方 寝屋川 地区メーデーに参加[emoji:e-281]

c0345433_14583158.jpg


安倍内閣が発足してから4ヶ月がたちました。

TPPへの交渉参加、新たな安全神話にもとづく原子力発電所の推進、憲法9条の改悪に狙いをさだめた96条の改悪など、わたしたちの暮らしを破壊する暴走につぐ暴走をはじめています。

安倍政権が、最大の売りにしている経済対策、アベノミクスは、株価が上がっても大資産家や大企業が恩恵をうけるだけです。
この間、暮らしがよくなったと感じている人は少なく、約8割の方が、暮らしはよくなっていないとこたえています。
その上、消費税の増税と、社会保障のさらなる改悪で、国民に大きな負担をおしつけようとしています。

こんな暮らし破壊の政治を許すわけにはいきません[emoji:e-271]

さらに、許せないのは、「成長戦略」だといって、金を払えば、自由に、解雇できるシステムを作ろうとしたり、サービス残業を合法化する「ホワイトカラー・エグゼンプション」なるものの導入が検討されていること。

日本共産党は、こんな暴走に反対してたたかいます。


日本は、世界から見ても、賃金が下がり続け、経済の成長がとまった異常な社会です。

日本共産党は、「賃上げと安定した雇用の拡大で、暮らしと経済をたてなおそう」とアピールを発表しました。

日本共産党や労働組合がず~と言ってきた、内部留保の活用で、賃上げと安定した雇用拡大で、経済の好循環をつくろうという提起は、政府も、一部の大学教授も「それは大事だ」と共感の輪がひろがりはじめています。

この輪をさらに広げ、賃上げと安定した雇用の拡大でデフレ不況打開の主張を、本流にしていくために、さまざまなみなさんとご一緒に、経済を立て直すためにがんばります。

c0345433_14583113.jpg

by shoot128 | 2013-05-01 16:50 | 地域を走る