未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:社会保障のこと( 7 )

自分の学びたいことを見つけて、自由に学んでほしいけど・・・
進学のために、子どもが小さい時から貯金しているけど・・・・

大学の学費や授業料が高い!!!047.gif

高校の卒業式の日に、日本共産党のチラシを配布させてもらいました。
c0345433_17064969.jpg
「高すぎる学費を値下げするためにがんばっています」「奨学金の充実へ、提案をしています」と訴えながらチラシを配ると、多くの保護者の方が受け取ってくれました。



いま、世界的に高い学費をどうするか。
給付制奨学金制度もない特異な日本の現状はこのままでいいのか。
奨学金を借りると、大学卒業と同時に、数百万円の借金を抱えてしまう現状でいいのか。

いま、多くの方から、「なんとかしなければ」と声があがっています。

日本共産党は、先日、「学費・奨学金の抜本改革、最低賃金の抜本引き上げ」の提案をおこないました。

◆学費・奨学金の抜本的な改革提案
 ・学費値下げ計画の提案ーー国立も、私学も、10年間で学費(授業料)を半減する
 ・奨学金制度の根本からの改革ーー学生ローンでなく、まともな奨学金にするーー月額3万円(年間36万円)の給費奨学金を70万人に

◆最低賃金の抜本引き上げーーいますぐ、どこでも時給1000円にして、1500円をめざす

「学費・奨学金の抜本改革、最低賃金の抜本引き上げ」 ← 詳しくはこちら003.gif


奨学金制度の改善に、党派を超えて集会が開かれました。



ぜひ、ご一緒に、憲法が保障する教育の機会均等の立場にたった改善を訴えていこう!!


by shoot128 | 2016-03-25 17:23 | 社会保障のこと | Comments(0)

ぜひ、視聴してほしい!



「保育所に入れない」~さまざまな場で、私自身も聞いてきた切実なお父さん、お母さんの声です。
この声を取り上げて、鋭く追及し、緊急対策を提案した日本共産党の田村議員



非常事態という認識で緊急対策を

 すでに、緊急対策をしている自治体も!
 2014年、杉並区では緊急対策で、公的施設を活用し200人の子どもを受け入れる
 2014年、世田谷区では、新設の保育所が間に合わないために、仮設住宅を建てて180人の子どもを受け入れる

こうした経験に学んで・・・
 ◆公共施設の活用など「自治体による緊急保育の実施」
 ◆公立保育所の分園設置・改修への補助や国有地貸出し費用の軽減など「国による新たな財政支援」
 ◆保育所が見つからず育児休業をとる親への雇い止め・解雇は法違反であり、企業に呼びかけ、周知して雇用を守る



保育士は、専門性と経験が重要!

 「政府は、保育を『子守り』程度に考えているから、給料の水準が低いままなのでは」という鋭い訴え。

 そして、保育の専門性を「知ってほしい」と保育士からの訴えを紹介。
「乳幼児は、家族以外の大人に、安心や信頼感を持てるか、その最初の体験が保育園になる」「子ども一人一人にどう寄り添うか、どう働きかけるか、それが子どもの自己肯定感を育み、人とのかかわり方を学ぶことにつながる」「乳幼児期の保育は、成長の土台を耕すもの、私たちはそういう自覚で、保育をしていることを知ってほしい」



いま、保育所への財政支出は、EUやOECD平均に比べてあまりにも低い

c0345433_11511299.jpg
EUは、保育・幼児教育への公的支出は少なくとも国内総生産(GDP)比1%以上であるべきと努力をしている。
いまこそ、国の責任で、保育所を増やしていく、保育の質を向上させていく施策を抜本的に強化していくことこそ大事ではないでしょうか!



by shoot128 | 2016-03-15 11:52 | 社会保障のこと | Comments(0)

生活と健康を守ろう!

枚方交野生健会は、今期で10年を迎えるそうです。「枚方生活保護自動車保有訴訟」のたたかい、介護、国保の問題をはじめ、「読み書き学校」などにもとりくみ、人間らしく生きていくための権利を守るために、「一人はみんなのために みんなは一人のために 人間の尊厳を守る連帯を」を掲げて大奮闘されています
c0345433_14552074.gif


10月14日 生活と健康を守ろうと運動をしている「生健会」の年次総会で挨拶をさせていただきました。

いま、市民のみなさんにお話を聞くと、生活が大変になる中で、生活保護の不正受給を取り上げて、話される方に出会います。

「不正受給」は正していかなければなりません。しかし多数の方が、「不正受給」をされているかのように、報道されていますが、厚生労働省が不正と認めたものでさえ、全体の0.3%しかありません。

いまの最大の問題は、本来、生活保護を受給されるべき人が受給できていないことです。

ヨーロッパでは、生活保護水準の人の8割に生活保護が適用されていますが、日本は2割以下と言われています。ここをどう解決していくかが、政治の役割だと感じています。

貧困がこれだけ広がっているのだからこそ、国が、憲法25条で保障されている権利に責任をもって、社会保障を充実させなければいけません。そのために、高い税金を払ってきたし、払っているわけですから・・・

いま、自民、民主、公明、そして維新の会は、こうした国の役割を全部つぶして、自己責任を押し付けようとしています。

社会保障の改悪をたくらむ人たちは、国民のたたかいを恐れて、正面から議論し、改悪するのではなく、生活保護のバッシングで、社会保障を切り下げていこうとたくらんでいるのではないでしょうか?

この問題は、生活保護だけでなく、社会保障全体に対する攻撃です。こんな攻撃を許さず、社会保障の充実にむけてがんばります
c0345433_14553639.gif


※憲法25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
by shoot128 | 2012-10-14 18:22 | 社会保障のこと

肩車論はまやかし!

最近、お話を聞いていると、増税はいやだけど・・・・と言いつつ

「高齢者が増えて、働く人が少なくなり大変。なにか増税は必要」

「社会保障を支える人が減るから、増税は仕方がない」などなど


テレビでは、「将来は、若者(労働者)一人が、高齢者一人を支える『騎馬戦型』になる」など報道され、その影響もあるようです。

しかし、この「肩車論」はまやかしです[emoji:e-2]

少し前になりますが、5月29日の衆院社会保障・税特別委員会で、塩川議員が追及しました。

塩川氏「『現役世代』に支えられているのは『高齢者』だけではない。『子ども』も支えられている。労働力人口が全人口を支えているのが実態だ」と・・・

小宮山厚労省は、労働力人口と全人口の比率は「1965年が2.05、2012年が1.96.2030年が1.89になる」と答え、将来にわたって比率が変わらないと!!!

c0345433_14573662.jpg


将来の不安を煽るような報道はいかがなものか

しかも、「社会保障の財源をみんなで支えることが大事」と言いつつ、大企業の法人税は減税、大金持ち減税はそのままになっているのでは、話があべこべ[emoji:e-281]




この間、日本共産党の「提言」をもって、商店街を訪問しています。

「提言」はこちらを

どこでもはなしを聞いてくれて、「提言」への共感もひろがっています[emoji:e-2]

日本共産党の「提言」にもとづいて、枚方・交野地域で、「経済懇談会」を開催します。

よろしければ、足をお運びください。


とき 7月22日(日)

じかん 午後2時~4時

ところ 枚方市民会館1階集会室

お話は、日本共産党 堀内照文党准中央委員が、消費税増税に頼らない経済危機の打開と社会保障の充実についての日本共産党の提言をお話します
by shoot128 | 2012-07-11 15:22 | 社会保障のこと
c0345433_14563109.jpg


c0345433_14563230.jpg

訴えもさせていただきました。

c0345433_14563387.jpg

パレードは、このみこしを担いで!


「学習会」では、石川康宏 神戸女学院大学の教授のお話を聞きました

経済権力が、政治権力を買収するという日本資本主義の実態と構造、財界と政府の関係などを詳しく聞きました。

野田・民主党の政治の背景には、財界がいる。財界の思うがままに政治を進めていることがリアルに分かりました。

私たち、一人ひとりが、テレビなどに流されず、社会の真実を学び、知ることが大事。

ボーとしていたら、私たちの生活は、財界優先の弱肉強食の社会になってしまう!

よし、この中身を知らせていこう[emoji:e-2]
by shoot128 | 2012-04-10 17:38 | 社会保障のこと
消費税10%には反対。でも社会保障の財源や、財政の危機をどう打開したらいいの?

この疑問に答えるため、日本共産党が7日、提言を発表しました。

野田・民主党政権も他の政党も、また、テレビ番組でも、消費税の増税は避けて通れない、当然のことのように発言し、報道されています。

しかし、消費税は、税の中でも所得の少ない人に重くのしかかる最悪の不公平税制です。

大震災からの復興が大問題になっているときに、不自由な生活を余儀なくされ、避難所生活の方にも重くのしかかる消費税の増税。

こんな道を突き進むのは、冷酷な政治ではないでしょうか?

しかも、消費税の増税は、暮らしとともに、経済も財政も悪化させてしまいます。

政治の姿勢をかえれば、消費税を増税せず、削られてきた社会保障を元にもどすことができます。

ぜひ、参照を!

消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言

健全な日本経済の発展の道を切り開くために、この内容を私なりに、大いに訴えていきたいと思います
c0345433_14551716.gif





c0345433_14560533.jpg


2月10日の午前7時。交野市、河内岩船駅前での訴えの写真
by shoot128 | 2012-02-10 21:54 | 社会保障のこと
京都の京田辺市。自然もあっていいところです
c0345433_14552074.gif


以前、枚方で、「スケボーパークをつくる会」の運動をしているとき、(署名をあつめ、市議会に要請、全会一致で採択)京田辺市のスケートボード場を見学にいきました
c0345433_14552069.gif

とてもよいパークができていました。枚方でもこのようなパークをつくれるようにしたいです。


その京田辺市で、子どもの医療費無料化を来年度から、小学校6年生まで通院無料へ
c0345433_14551732.gif


同市は、昨年度に、入院は中学校卒業まで、通院は小学校3年生まで無料化が拡大されていました。


日本共産党の議員さんが、医療費の無料化を通院についても中学校卒業まで拡充するように要望。
市長さんは、「子どもの医療費助成を求める声を多く聞いており、重く受けとめている・・・・・現在、担当部局に対し、来年度から通院について小学校6年生まで拡大するよう検討を指示している」と述べ、来年度から拡充される見込みだそうです。

ちなみに、枚方市の乳幼児医療費無料化は、小学校入学前までです。
(1医療機関ごと(通院・入院・歯科別)1日500円を限度に、月2日まで負担になっています)


この枚方でも、せめて小学校卒業まで、子どもの医療費無料化の拡充を!!!!
by shoot128 | 2011-09-13 14:29 | 社会保障のこと