未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:外交・平和のこと( 17 )

志位委員長をはじめ、日本共産党代表団6名が、国連本部で開催された「核兵器全面廃絶につながる 核兵器を禁止する法的拘束力のある協定について交渉する国連会議(第一会期)」に参加されました。

その報告会がインターネットを通じても上映されました。



ぜひ、視聴してみてください101.png

核兵器は、国際条約で禁止されていない結つの大量破壊兵器となっていますが、その核兵器を「違法化」する画期的な国際会議です。

そして、核兵器の禁止が正式に決まれば、核保有国の参加の有無にかかわらず、核兵器に「悪の烙印」をおすことになります。
そうなれば、核保有国は、政治的、道義的拘束をうけることになるでしょう。

小学校の修学旅行で、広島にいって、核兵器の恐ろしさを知りました。
その後、民青同盟などのとりくみでも広島や長崎に足を運び、被爆者の話や、現場を見てきました。

唯一の被爆国である日本が、核兵器禁止、そして廃絶にむけてイニシアティブを発揮しなければいけない。
政府がこの会議にも背をむけている中、市民から、地域から声をあげていかなくてはいけません

第二会期が終わる7月7日。ホワイト議長は、「7月7日までには条約を採択することによって仕事を終えるという議長の決意を表明したい」と話されてたそうです。

そうなれば、今年7月7日に、歴史上初めて核兵器禁止条約が採決されることになります。

歴史的な2017年になりそうです

そうなるように、地域から「核兵器の禁止へ、そして廃絶へ」と声をあげていきたい166.png


by shoot128 | 2017-04-10 16:10 | 外交・平和のこと | Comments(0)
日本共産党は、10月18日に、「日露領土交渉の行き詰まりをどう打開するか」と題した提言を発表し、国会内で、菅官房長官と会談をおこないました。

領土問題は、解決していかなければならない問題です。

サンフランシスコ平和条約の千島関連条項を、廃棄・無効化し、千島列島の全面返還を内容とする平和条約の締結をおこなうべきです。

1855年の日魯通好条約、1875年の樺太・千島交換条約の結果、全千島列島が日本の歴史的領土とななりました。日露領土交渉にあたっては、この到達点を土台に据えてやるべきではないでしょうか。

日本共産党の提言をぜひみてください。




by shoot128 | 2016-10-21 13:56 | 外交・平和のこと | Comments(0)
第9回のアジア政党国際会議が9月2日から3日、マレーシアのクアラルンプールで開催

「核兵器禁止条約のすみやかな交渉開始」を巡って、中国共産党代表団が、会議の運営を踏みにじって、前述の部分を削除。


日本共産党代表団は、核兵器問題の項目に関して「部分的保留」をし、中国共産党代表団のやり方への抗議を表明しました。

中国共産党代表団のやり方は、許せません。会議の場で、しっかり議論もせず、多くの国連加盟国が求める「核兵器禁止条約のすみやかな交渉開始を呼びかける」部分を一方的に削除させる。

アジア政党国際会議(ICAPP)は、アジアの全政党(与野党問わず)に開かれた会議であり、今回の総会には、37か国から、89党の代表が参加しています。イデオロギーの違いを超えてあつまっていますから、しっかりと議論をすることが大事なのに・・・・・

今回のアジア政党国際会議を経て、志位委員長のインタビューがあります。ぜひ、目を通していただけると嬉しいです。

「核兵器禁止条約」を削除~日本共産党が抗議「部分的保留」表明


by shoot128 | 2016-09-11 16:43 | 外交・平和のこと | Comments(0)
平和な日本をいつまでも・・・・誰もが願っている思いではないでしょうか。

枚方市では、3月1日は、市民一人ひとりが平和の大切さを考える日として、「枚方市平和の日」に制定しています。

戦前、枚方には、軍需施設である禁野火薬庫・枚方製造所・香里製造所がありました。昭和14年3月1日に、禁野火薬庫が大爆発。爆発は、約4時間、29回にわたって繰り返され、死傷者は約700人。とてつもない大惨事でした。

また、その15年後の昭和29年3月1日には、マグロ漁船「第五福竜丸」が、ビキニ環礁でアメリカの水爆実験にあい、被ばくするという事件もおきました。その後、原水爆禁止世界大会の開催へとひろがっていきます。

枚方市は、「こうした出来事を風化させないことが大事」と、平和の日に制定しています。

この思いを引き継いで、がんばっていきたいし、将来にわたって子どもたちに、平和な日本をつないでいきたいとおもいます。



いま、国の政治に目を向けると、安保法制=戦争法の具体化がすすめられていますが、その中身が、自衛隊が海外で「外国人を殺し、戦死者を出す」ことがはっきりしてきました。

この中で、戦争法廃止・安倍政権を倒そうと、野党5党(日本共産党、民主党、社民党、維新の党、生活の党)が歴史的な共闘をひろげています。

また、書記局長・幹事長会談で・・・
「安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を選挙公約にすること」「政権問題も議論していくこと」「戦争法廃止以外の政策面での共通項についても協議すること」など確認されています。

5野党協力協議スタート

さっそく、私も、街中で訴えさせていただいています。

c0345433_14374193.jpg
訴えていると、「生活が大変になっている。共産党にはがんばってほしい」と足を止めて聞いてくれる方も・・・・

国会での共闘の流れを、枚方・交野でもひろげて、戦争法廃止、立憲主義をとりもどすために、がんばります。

5野党党首 国政での選挙協力


党首会談での確認事項

 (1)安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする。

 (2)安倍政権の打倒を目指す。

 (3)国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む。

 (4)国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う。


by shoot128 | 2016-03-01 13:24 | 外交・平和のこと | Comments(0)
北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射をおこないました。

絶対に許すことはできません!!

日本共産党は、すぐに声明を発表しました。
北朝鮮のミサイル発射を強く非難する(声明)

こうした動きは、世界の平和の流れに逆行するのもので、断じて許すことはできません。

北朝鮮のこうした行動を、本当に抑えていくためにどうしたらいいのか!!

「学習の友」3月号に、日本平和委員会の川田忠明さんが「北朝鮮や中国の動きにどう対応すべきかー戦争法の危険はどこにあるか」というタイトルで記事が掲載されていおり、とても端的で勉強になりました。

「抑止力」では解決なんてしない!
 北朝鮮の行動に対して、自民党からは「核もミサイルも開発している。それを止めるのは抑止力以外にない」と言っていますが・・・戦争法ができても、核実験も止めれなかった。
 軍事力を高める「抑止力」では、緊張を高めるだけ。話し合いで解決を

「話し合いで分かる相手ではない?」
 北朝鮮は、話し合う用意がある。北朝鮮の目的は、核ミサイルでアメリカや日本を攻撃するのではなく、金正恩体制を維持することと、国際的援助を受けること。
 昨年1月、北朝鮮は「米韓合同軍事演習を中止するなら、核実験中止の用意がある」と表明しましたが、オバマ政権は無視・・・・・対話が必要だったのに・・・

6か国協議の共同声明にもとづく交渉こそ大事
 【共同声明】(2005年9月19日 要旨)
 ・協議の目標は、平和的方法による朝鮮半島の検証可能な非核化と確認
 ・北朝鮮は、すべての核兵器と核計画の放棄、核不拡散条約(NPT)、国際原子力機関(IAEA)の保障措置への早期復帰を約束
 ・米国は、北朝鮮を攻撃または侵略をする意図がないことを確認
 ・米国、日本は、北朝鮮と国交を正常化するための措置を取る
 ・6か国は、朝鮮半島の恒久的な平和体制について協議し、北東アジアの安全保障面の協力促進を探求することに合意

この間、交渉への重要な動きがあります
 核実験後、北朝鮮以外の5か国(日本、アメリカ、韓国、中国、ロシア)が、協議再開で一致。すでに、日本と中国、韓国は、昨年11月に、「6か国協議の早期再開」で合意しています。

アメリカのケリー国務長官は、1月6日に、「国連安保理や6か国協議において引き続きパートナー諸国と緊密に協力していく」と述べています。

あくまで、北朝鮮を対話につかせること。そして、根本的には、「核兵器全面禁止・廃絶の努力が必要」・・・・・その通りだと実感しました。

c0345433_12203596.jpg


by shoot128 | 2016-02-15 12:22 | 外交・平和のこと | Comments(0)
安倍政権は、国民の声を無視し、戦争法案を強行成立させました。日本共産党は、強行成立に断固抗議し、戦争法を廃止させるために全力でがんばります。

学生やママの会、学者や著名人も戦争法に反対の声を次々とあげています。国民の声を無視する政治に未来はありません。思想信条、党派の違いを超えて、戦争法に反対する輪をさらに広げ、安倍政権の暴走をストップさせましょう。

日本共産党は、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます」を発表しました。

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます

安倍政権が強行成立させた戦争法は、憲法の平和主義、立憲主義、民主主義を壊す、暴挙です。憲法学者も元最高裁長官も「憲法違反」と断じています。

戦争法は、「海外で戦争する国」への暴走です。国会審議を通じて、日本人の命を守るのでなく、アメリカと共に戦争することであると明らかになりました。

アメリカのために、日本の若者を戦場に送る戦争法を廃止させなければなりません。

強行成立させた戦争法のような軍事手段では緊張を高めるだけです。政府は「中国は脅威ではない」と答弁しています。しかし、いま北東アジアに必要なことは、平和のための外交です。

日本共産党は、党をつくって93年、反戦・平和を貫き、頑張ってきました。日本共産党とご一緒に、憲法も国民の声も無視する安倍暴走政治を許さないたたかいを広げましょう051.gif

民主主義を無視する安倍・自民公明政権を許すわけにはいきません。意見の違いに耳を傾けず、国民多数の意思を踏みにじることは、民主主義を破壊することです。

日本共産党は、全国にひろがる良識の声、たたかいと力を合わせて、安倍政権を退場させるために全力で頑張ります066.gif
by shoot128 | 2015-09-23 14:57 | 外交・平和のこと | Comments(0)
c0345433_10212881.jpg
記事の紹介です。

「世界の流れをどう見るかが大事」

 
 戦争法案の強行は絶対に許すことはできません。7月25日に「枚方からとめよう戦争法案」の集会とデモを開催し、今までにない約400人で成功、翌日は、新幹線に飛び乗り、東京渋谷での「安保関連法案に反対するママの会」宣伝とパレードに参加し、国会包囲行動にも駆けつけ、地域で集めた署名を渡しました。子ども達の未来を守るために、憲法と民主主義を守るために、ご一緒に「戦争法案反対」で、日本列島騒然という状況をつくりだしましょう。


 同時に、「世界の流れをどう見るか」が大事だと感じます。政府は、集団的自衛権を「合憲」とする唯一の理由として、「安全保障環境」の変化をあげていますが、広く世界をみれば、「集団的自衛権の発動を必要とする」動きとは正反対になっています。もちろん、北朝鮮の核問題や、領土をめぐる問題などあります。
 
 だからこそ考えたい。「どうしたら平和な地域をつくれるか」――ともに考え、憲法9条をもつ意味、「紛争を戦争にしない」とASEANが実践している平和の枠組みなど、世界の流れを冷静に見て語っていきたい。





by shoot128 | 2015-08-12 10:26 | 外交・平和のこと | Comments(1)
いま、一日一日が正念場の非常に重要な局面にきている!!

安倍政権の暴走は様々な分野で加速し、国民、青年、労働者を苦しめています。そして、戦争への暴走・・・・

憲法違反と言われても、論が破たんしても、国会を9月まで延長しても、なにがなんでも、押し通そうとしている「戦争法案」

絶対許したらあかん。平和な日本と、子どもたちの未来のために、「いま、立ち上がらなくて、いつ立ち上がるんだ」という思いで、先日、14日、若者憲法集会と渋谷デモに、夜行バスに乗って参加しました。


c0345433_11155889.jpg

参加して一番実感したのは、国民、青年の中で、いま大きな変化、うねりが始まりつつあること!!


二つだけご紹介させてもらいます。

◆一つは、元自衛隊員の話です。
 元レンジャー部隊の井筒さんの話。
安倍首相は、戦争法案で「リスクは増えない」「安全な場所で活動する」といいますが、あり得ないこと。「戦闘現場にはいかない」「攻撃されれば休止、撤収する」というが、そんなことをすれば、一番に狙われその部隊は全滅すること。

 井筒さんは、安倍首相は、自衛隊員の命をなんだとおもっているのか、法案を押し通そうと空論を並べているいることを、鋭く告発されました。

 レンジャー部隊の訓練は過酷な話も。蛇を生きたまま皮をはいで食べる訓練。フル装備で、炎天下、20キロを激走。
 また、戦闘訓練、爆破物をつくる訓練、隠密処理(おんみつ)暗殺の訓練など。


 レンジャーの5訓。①飯は食うものとおもうな。②道は歩くものと思うな。③夜は寝るものとおもうな。④休みはあるものと思うな。⑤教官は神様と思え。

 
 それでもがんばってきた。日本を守るために。
入隊の条件は、憲法を守る事。そして、日本をまもるため、危険に対しては身を挺することをもって国民の負託にこたえる。署名、拇印しないと入隊できない

 安倍首相がいま言っていることは、入隊の条件に違反している、声をあげようと、鋭く告発されました。

c0345433_11193354.jpg

◆もう一つ、紹介したいのは、渋谷のデモ。
 どんどん膨れ上がり、赤旗新聞では3500人。ヤフーニュースでは4000人とも言われるデモ。

 戦争法案反対はもちろん、「憲法を守ろう」「ファシズム反対」「民主主義をまもろう」「集団的自衛権はいらない」「安倍はやめろ」とコールやプラカードをもって、高校生から、学生、青年が、マイクで、「主権者の声を聞け」と主張!

c0345433_11204945.jpg
c0345433_11210808.jpg
ツイッターには・・・

○「すごいことになってる。何千人いるんだ?というか、目の前で中学生?五人組が飛び入りで歩いてる」
○「渋谷でデモ起きてる」
○「渋谷のデモ隊やばい」
○「渋谷スクランブル交差点で反戦デモに遭遇する」
○「人生ではじめてデモをみた。鳥肌が立った。でもってやんと規制はってんだね。このままじゃやばいって思った人たちが実際に行動に移している。そういう人たちがいろんなところで増えていったら絶対もっといい世の中になるよね」

いま、世論も反対が多数になって、国民世論に大きな変化がおこり、そのなかで、13、14日の一連の行動がこれまでになく大規模で劇的変化しています。

いまこそ、「声をあげよう 私たちの命と自由のために」


by shoot128 | 2015-06-17 11:27 | 外交・平和のこと | Comments(0)
いま国会で審議されている法案・・・・「国際平和支援法」「平和安全法制整備法」

「国際」「平和」「安全」と名前がついていますが、中身は、戦争法案そのもの!

自衛隊の役割をひろげ、アメリカとともに、海外で戦争する国になるもの!

日々の国会論戦でも明らかになってきています。ぜひ、志位委員長をはじめ、日本共産党の国会質問をみてください。

戦争法案の国会質疑

私は、以前、駅前で訴えていると、学生さんが話しかけてきて、「集団的自衛権をどう思いますか」と尋ねられました。「日本を守ることでなく、アメリカと一緒に、日本の自衛隊の若者が戦争にでかけること。絶対に反対」と応えると、「ぜひ、がんばってください」とエールを送っていただきました。

戦争に連れて行かれるのは、若者です。子どもたちです。

若者として、子どもの親として、いま、憲法9条そのものを踏みにじり、進めようとしている戦争法案を絶対に許すことはできません。

チラシもくばっています。ぜひ、街中で見かけたら声をかけてください。

c0345433_11141924.jpg
そして、ごいっしょに、「友達に知れせる」「戦争法案について話し合う」「ツイッターでつぶやく」「ブログに思いを書く」「集会に参加する」「チラシを受け取り、知り合いに渡す」など、みんなで、声をあげていきましょう066.gif


by shoot128 | 2015-06-03 11:17 | 外交・平和のこと | Comments(0)
昨日、安倍内閣は、いままでの政府見解を大転換させて、「海外で戦争する国」への道を突き進んだ[emoji:e-2]

自民党と公明党の密室協議で、国民の意見も、国会でのまともな論議もなく、推し進めるなんて、許せるものではない[emoji:e-1]

集団的自衛権は、憲法違反である。

「新3要件」があるから「限定的」という議論もあるが、まったくのごまかしだ。

「明白な危険」がうるかどうかは、時の政権が、決める。

いま大事な精神は、「紛争を戦争にしない努力」・・・・それは、集団的自衛権の行使ではなく、憲法9条の精神で、日本が、世界に働きかけることです。

たたかいはこれからです。

「発動を許さない」たたかいをひろげていきましょう。

日本共産党の声明です。ぜひ目を通してください。
憲法を破壊し、「海外で戦争する国」をめざす歴史的暴挙
by shoot128 | 2014-07-02 11:47 | 外交・平和のこと | Comments(0)