政治・経済のこと

追い込まれた内閣改造。「改造」でなく「解散」を

c0345433_15430372.jpg
支持率の急落に苦しむ中、国民の声に追い込まれて、内閣改造が行われました。

様々な報道がありますが、安倍政権の危機は打開できないのではないでしょうか。

なぜなら、いまの危機をつくりだしてきた根源が、安倍首相自身だということ。

森友・加計学園の疑惑の核心は、安倍首相の関与。

秘密保護法、安保法制=戦争法、共謀罪など、憲法違反の法律を、まともな審議もないまま、強行採決するなど、強権的な政治をつくってきたのは、安倍首相です。

南スーダンの「日報」問題は、組織ぐるみでの隠ぺいが明らかになっています。

内閣改造で問題にふたをするのではなく、いまこそ解散・総選挙で、国民の信を問うべきではないでしょうか。

街中で訴えていると、「いっしょに、安倍政権を変えましょう」と握手を求める方もいらっしゃいます。

みなさんと力を合わせて、憲法が生かされた新しい政治を実現するために、がんばります。



by shoot128 | 2017-08-05 13:57 | 政治・経済のこと | Comments(0)

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128