政治・経済のこと

公平な税制へ!

「パナマ文書」でも有名になったタックスヘイブン(租税回避地)

大企業や、富裕層が、「税逃れ」「資産隠し」のために利用して大問題になっている!



大門みきし参議院議員が、わかりやすく解説をしてくれています。ぜひ参考に!

タックスヘイブンとされる国や地域は、世界各地にあります。パナマもそうですが、ケイマン諸島なども・・・ケイマン諸島には、日本から74兆円の投資も?!その実態の一部を暴露したのが、「パナマ文書」

その地域は、法人税や所得税がゼロかきわめて低い。また、透明性の欠如が特徴だそうです。

英国のNGO「タックス・ジャスティス・ネットワーク」によると、タックスヘイブンに隠された資産の規模は、2300兆円から3500兆円と言われています。

経済協力開発機構の試算では、多国籍企業の税逃れによって、世界の法人税収は、毎年12兆円から29兆円失われている・・・・と。

政治経済研究所理事の合田さんによると「タックスヘイブンで失われた法人税や所得税の税収は、世界全体で、少なくとも30~50兆円・・・日本の税収益はその1割、3兆~5兆円程度ではないかとみられます。5兆円なら消費税2%分になります」

日本共産党の政策です
参議院選挙政策ー税制ー消費税、不公平税制、中小企業税制、タックスヘイブン問題



c0345433_12222306.jpg
日本共産党辰巳孝太郎参議院議員が、枚方市内で訴えました



by shoot128 | 2016-06-20 12:24 | 政治・経済のこと | Comments(0)

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128