政治・経済のこと

「1億総活躍社会」? 政治の姿勢が間違っていないか!

安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の新3本の矢
 ①国内総生産(GDP)600兆円
 ②希望出生率1.8
 ③介護離職ゼロ

財界の方も入って「国民会議」を発足させ、第一弾の「緊急対策」を打ち出しました。
 その中身は、保育施設10万人分、介護サービス整備約12万人分の計画などとしていますが、現場を支える保育士や介護職員の処遇改善・増員への手立てが不十分な内容です。
 保育・介護施設を増員するというのなら、来年度予算で、なぜ社会保障費「1700億円削減」をやめないのか。年金実質カットを中止しないのか・・・・

一方で、大企業の成長は最優先です。
 いままで、法人税を減税しても大企業の溜め込み金(内部留保)として、働く人の給料アップにはつながらなかった、「アベノミクス」の3年間。格差と貧困がますますひとがりましたが。
 首相が財界の方々に「賃上げ」「整備投資増」を求めるとともに、法人実効税率(32・11%)を20%台に引き下げ姿勢を示しています。


日本共産党は、働く人を大切にし、経済を発展させる提案をおこなっています。

志位委員長が「ニコニコ超会議」でスペシャル対談をおこなっています。ぜひ、視聴してみてください。

生放送!とことん共産党



by shoot128 | 2015-11-30 11:46 | 政治・経済のこと | Comments(0)

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128