外交・平和のこと

戦争法廃止の国民連合政府の実現を

安倍政権は、国民の声を無視し、戦争法案を強行成立させました。日本共産党は、強行成立に断固抗議し、戦争法を廃止させるために全力でがんばります。

学生やママの会、学者や著名人も戦争法に反対の声を次々とあげています。国民の声を無視する政治に未来はありません。思想信条、党派の違いを超えて、戦争法に反対する輪をさらに広げ、安倍政権の暴走をストップさせましょう。

日本共産党は、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます」を発表しました。

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます

安倍政権が強行成立させた戦争法は、憲法の平和主義、立憲主義、民主主義を壊す、暴挙です。憲法学者も元最高裁長官も「憲法違反」と断じています。

戦争法は、「海外で戦争する国」への暴走です。国会審議を通じて、日本人の命を守るのでなく、アメリカと共に戦争することであると明らかになりました。

アメリカのために、日本の若者を戦場に送る戦争法を廃止させなければなりません。

強行成立させた戦争法のような軍事手段では緊張を高めるだけです。政府は「中国は脅威ではない」と答弁しています。しかし、いま北東アジアに必要なことは、平和のための外交です。

日本共産党は、党をつくって93年、反戦・平和を貫き、頑張ってきました。日本共産党とご一緒に、憲法も国民の声も無視する安倍暴走政治を許さないたたかいを広げましょう051.gif

民主主義を無視する安倍・自民公明政権を許すわけにはいきません。意見の違いに耳を傾けず、国民多数の意思を踏みにじることは、民主主義を破壊することです。

日本共産党は、全国にひろがる良識の声、たたかいと力を合わせて、安倍政権を退場させるために全力で頑張ります066.gif
by shoot128 | 2015-09-23 14:57 | 外交・平和のこと | Comments(0)

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128