未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧

働く人のいのちを守る政治を

政府が提出しようとしている重大な法案

◆ひとつは「労働者派遣法の改悪案」・・・いまは、派遣は「臨時的・一時的業務」に限り、正社員を派遣に置き換えてはならないということが大原則です。そのために、派遣受け入れは「原則1年、最大3年」としています。しかし、改悪案は、派遣期間制限を事実上なくし、3年ごとに人を入れ替えれば、その事業所でいつまでも使うことができる?!ものへ

◆もうひとつは「残業代ゼロの制度」=高度プロフェッショナル制度・・・労働時間をなくし、残業代も休日手当も、一切払わなくていい制度にしてしまう

みなさんは、この制度改革をどうおもいますか?002.gif

わたしは、工業高校を卒業して、設計会社で働いていました。仕事はとてもやりがいのある仕事でしたが、当時、派遣労働改悪(1999年)と重なり、派遣の仲間がふえていきました。わたしも、派遣で、別の会社の設計部で仕事をしたことがあります。
当時と、いまは格段に違いますが、派遣は、この先働いていけるのか、働いている仲間同士のチームワークができるのか・・・私の実感からもさまざまな問題が生まれます。

また、当時、残業は、月60時間以上はやっていました。そうでないと、納期に間に合わないというのもありました。時には、同僚が仕事が終わらないときは、みんなで、その同僚の仕事を手伝って終わらせたこともありました。
しかし、残業代は十分にでず、安い給料で、将来のことを考えて、辞めていく人もいました。
日本は、あまりにも残業時間が多すぎます(当たり前になっています)
残業時間は、しっかり規制すべきです。

残業代ゼロ法などが実際に行われれば、過労死が増え、使い捨ての働き方がさらにふえてしまいます。

働いている人が、まともに生活でき、働いている人が、輝く職場こそ、会社も発展していくんだとおもいます。

「労働者派遣法の改悪」「残業代ゼロ法案」は、廃案に追い込みましょう!066.gif

c0345433_19274169.jpg


by shoot128 | 2015-02-28 19:59 | 政治・経済のこと | Comments(0)