未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧

歴史に目をつぶる者は、未来が見えない!!

過去の日本の戦争を侵略戦争とみとめない・・・日本の安倍政権

安倍首相は、5月8日の参院予算委員会で「侵略の定義については、学問的なフィールドでさまざまな議論がある。政治家としてそこに立ち入ることはしない」と・・・・

過去の軍国主義による侵略戦争を「自存自衛の正義のたたかいだった」「アジア解放のための戦争だった」と美化する靖国神社を参拝

過去の侵略と植民地支配を「国策の誤り」と認めた「村山談話」にも反する

こんな戦争への無反省な態度を許してはいけない!

いま、怒りの声が、韓国や中国だけでなく、アメリカ政府からも寄せられています

朴韓国大統領がアメリカ議会で発言したことは重要

訪米中の韓国大統領の朴氏が、上下両院合同会議で発言されました。

日本を念頭に「歴史に目をつぶる者は未来が見えない。歴史に対する正しい認識をもてないことは、今日の問題でもあるが、さらに大きな問題は、明日がないということだ」と批判

重要な発言だ! 日本政府もしっかり正面からうけとめるべきだと思います。

朴大統領は、7日には、米韓首脳会談で、安倍政権への不信感を示しています。

また、「今日まで東北アジア地域は、協力の潜在力を肥大化させられないでいる」と指摘して、「域内国家の経済的力量と相互依存は日々増大しているが、歴史に始まる葛藤はさらに深まっている」と。

この問題を克服するビジョンとして「東北アジア平和協力構想」を提唱。アメリカと北朝鮮を含む東北アジアの国家が「環境、災害救助、原子力の安全、テロ対応などの課題から、対話と協力を通じて信頼を重ね、少しづつ違う分野まで協力の範囲を広げていく東北アジアの多国間対話プロセスを始めるときがきた」と!

日本の政権は、北朝鮮など、不安定なアジアの国を見、軍事力の強化や、戦争できるように、憲法を変えて、軍隊をもてるようにするなどの動きが活発ですが、やることが間違っている!

いま大事なことは、対話と協力をつうじて信頼関係を重ねることではないでしょうか
c0345433_14552074.gif


時事ドットコム2013年5月9日付ニュースより  詳しくは
by shoot128 | 2013-05-09 11:23 | 政治・経済のこと