未来へシュート! みわ智之 日本共産党 shoot128.exblog.jp

日本共産党 みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128
プロフィールを見る
画像一覧

新春のつどいに参加させてもらっています

c0345433_14582045.jpg


c0345433_14582057.jpg


c0345433_14582178.jpg


13日は、新春のつどいが各地で開催されました。

私も参加させてもらい、総選挙のお礼と、参院選勝利にむけた決意を述べさせてもらいました。

香里地域の「つどい」では、太鼓の演奏から始まるオープニング・・・・・すごく胸に、心に響きました

御殿山地域の「つどい」では、手品も飛び出すなど、みなさんの多彩な趣味に圧倒・・・

くずは・長尾・招提地域の「つどい」では、サックス、バンド、腹話術・・・・

新年にふさわしく、活気のある「つどい」に参加し、元気を一段ともらいました。




1月14日は、成人の日

今年は、約122万人の方が成人を迎えられます。

希望に胸を膨らませ、これからの人生が、一人一人にとって豊かなものになるように願います。

そのためにも、政治は、若者を応援する方向に転換が必要だと、痛感しています。

あるアンケートでは、これからの政治に「期待できる」は、24%。「期待できない」は76%だそうです

自分の未来は、「明るい」と思う51%と、昨年より14%も下がっています。

今年、成人をむかえる方が生まれた20年前は、労働者の5人に1人だったアルバイトやパートなどの非正規社員が、現在は、若者の2人に1人が不安定な雇用に置かれています。

この問題に、どう取り組むかが、若者の生活を改善することと共に、経済を立て直していく上でも非常に大事になっているのではないでしょうか?

安倍内閣は、「大胆な金融緩和」と「大型公共事業の推進」を掲げていますが、労働者の給料や所得があがらないのに、物価だけがあがれば、生活はもっと苦しくなります。

また、必要な公共事業、中小企業に仕事がまわる公共事業は必要ですが、無駄だといわれている公共事業のバラマキでは、また、国の借金が増えるだけではないでしょうか?

いま必要な経済対策は、国民の所得をあたためる対策と共に、消費税に頼らない税財政改革です
c0345433_14552074.gif

by shoot128 | 2013-01-14 16:37 | 地域を走る