震災・原発のこと

なんという原発依存?!原発ゼロへの願いさらに広げよう

「2030年代に原発ゼロ稼働ゼロ」エネルギー戦略会議で決定しましたが
c0345433_14575567.gif


革新的エネルギー環境戦略 会議決定

本当に実現するのか?

そもそも、地震大国日本で、「いつ地震や津波が襲ってくるかわからない」というのが、東日本大震災と原発事故を経た教訓ではなかったのか?

だからこそ、いますぐに、危険な原発を止めて、即時原発ゼロにむけて行動してほしいと願っている
c0345433_14552074.gif


しかし
c0345433_14552074.gif


「重要電源」としての原発の再稼働や、使用済み核燃料を再処理する核燃料サイクル計画の継続に動く政府・・・わたしたちの願いにそむく・・・その背景にはアメリカと財界がチラリ
c0345433_14571319.gif


アメリカ:7月に来日したダニエル・ポエマン米エネルギー省副長官が記者会見
 「米国は高速増殖炉の研究を中断しているが、日本はもんじゅを持っている。米国にとってメリットがある」と。
 実際政府の新政策には「米国はじめ・・・諸外国との緊密に協議する」と明記

財界:9月18日に経団連会長ら財界3団体のトップが異例の記者会見
 「経済界として到底受け入れられない」「断固反対だ」「到底納得できない」と「原発ゼロ」の政府の方針の撤回を強く求めた。


命より儲けを大事にする政治は許せない。みんなで声を上げよう!

明日9月21日は、枚方市駅前でも午後6時から抗議行動をします
c0345433_14553639.gif


c0345433_14575502.jpg

大阪関西電力前での抗議行動にて(さよなら原発枚方の会で作成した横断幕です)

c0345433_14575553.jpg

俳優の山本太郎さんも関西電力前の抗議行動に駆けつけていました。

危険な「もんじゅ」はそのまま 新聞記事から
 政府が決定した革新的エネルギー・環境戦略を巡り、平野博文文部科学相は18日、福井県庁で西川一誠知事と会談し、高速増殖原型炉「もんじゅ」(同県敦賀市)の扱いについて「重要性は従来通り」と説明し、これまでと同様の運用を続ける考えを示した。政府は将来的な廃炉も検討していたが、結局は変更されないことになった。

 政府は新戦略を検討する中で、「もんじゅ」について、放射性廃棄物減量化を目指す研究炉に転換し、研究終了後に廃炉にすることを示唆していた。しかし、14日に決定した新戦略では、減量化研究は示したものの、「廃炉」などの文言は盛り込まず、高速増殖炉研究の継続についても、あいまいなままだった。

 会談で平野文科相は「高速増殖炉の研究開発の成果を刈り取っていかないといけない。使用済み核燃料の減量は副次的に達成される」と説明し、高速増殖炉研究を継続する考えを示した。会談終了後、高速増殖炉の実用化について「どういう研究成果が出るかで判断しないといけない」と述べた。
by shoot128 | 2012-09-20 15:39 | 震災・原発のこと

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128