震災・原発のこと

原発の再稼動はありえない!

民主党・野田政権は、福井県の大飯原発を再稼動させようとしています。

テレビでも騒がれ、「政治判断をする」と野田首相は言っていますが、いま必要な判断は、徹底した原発事故の原因究明と、さまざまな科学者の力をかりて、科学的に判断する事。政治が判断することではないのでは?

いま必要な政治判断は、危険な原発から撤退することでは?


枚方・交野市から、福井県の大飯原発まで、約80Km。もし、事故でも起これば、びわ湖は汚染され、被害は大きくなります。

再稼動に反対の方は、62%にのぼっています。また、政府の大飯原発の安全審査は、84%の方が、不十分とこたえています。

それもそのはず、突然「再稼動」にむけて持ち出した「三つの安全基準」とは・・・

①全電源喪失対策・・・・昨年3月の指示を同じ?!
 津波や地震で電源が失われても原子炉を冷却できるようにする対策。その中身は、非常電源車や、消防車を配備するだけの小手先の対策・・・・

②地震・津波対策・・・・新たな作業必要なし?!
 東日本大震災のような地震・津波が来ても、冷却が続けられるかどうかを確認するもの。「ストレステスト」の一次評価が実施ずみかどうかの確認だけ・・・・

③安全対策の実施計画・・・・計画だけ、実現求めず?!
 30項目の安全対策。でも何年もかかる対策もありますが、求めているのは、計画であって、実現ではない・・


日本共産党は「原発ゼロ」にむけて、今こそ、エネルギーの転換を政治決断し、自然エネルギーの大きな可能性に力を注ぎます

大きな可能性があります。

◇現在の電力供給能力  2億3,715万キロワット  原発54基で4,885万キロワット

◆再生可能エネルギーの可能性
  非住宅系太陽光発電  1億5千万キロワット
  風力発電      18億8千万キロワット
  中小水力発電       1千4百キロワット
  地熱発電         1千4百キロワット    合計20億7,800万キロワット

 5月には、日本にある原発がすべてが停止します。原発がとまっても停電はおきません。
 
 5年~10年の間に、原発をゼロにしていきましょう。
 
 そして将来にわたって、安心・安全なエネルギー政策を!!!
by shoot128 | 2012-04-10 17:30 | 震災・原発のこと

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128