社会保障のこと

社会保障充実、財政危機打開の提言を発表

消費税10%には反対。でも社会保障の財源や、財政の危機をどう打開したらいいの?

この疑問に答えるため、日本共産党が7日、提言を発表しました。

野田・民主党政権も他の政党も、また、テレビ番組でも、消費税の増税は避けて通れない、当然のことのように発言し、報道されています。

しかし、消費税は、税の中でも所得の少ない人に重くのしかかる最悪の不公平税制です。

大震災からの復興が大問題になっているときに、不自由な生活を余儀なくされ、避難所生活の方にも重くのしかかる消費税の増税。

こんな道を突き進むのは、冷酷な政治ではないでしょうか?

しかも、消費税の増税は、暮らしとともに、経済も財政も悪化させてしまいます。

政治の姿勢をかえれば、消費税を増税せず、削られてきた社会保障を元にもどすことができます。

ぜひ、参照を!

消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言

健全な日本経済の発展の道を切り開くために、この内容を私なりに、大いに訴えていきたいと思います
c0345433_14551716.gif





c0345433_14560533.jpg


2月10日の午前7時。交野市、河内岩船駅前での訴えの写真
by shoot128 | 2012-02-10 21:54 | 社会保障のこと

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128