地域を走る

ハローワーク前で対話

12月20日にハローワーク前でアンケート調査を行いました。

30人の方がアンケートに協力していただきました。

c0345433_14553091.jpg



ある30代の女性は・・・・
「ある会社のサービスショップで働いていました。売り上げのノルマがあり、社長は社員を怒鳴ることがよくありました。サービス残業も当たり前で、子どももお腹の中にできて、もう体が持たないので仕事をやめました。次が見つかるか心配」と。

20代の女性は・・・・
「ハローワークではいい求人が見つからない。求人内容には、未経験でもOK、日祝休みなどと応募しやすい情報を載せているものの、実際応募して面接し、話をしてみると違う内容だったりする」

40代の男性・・・・
「希望する職があっても年齢制限のある会社が多いため応募もできない」

50代の女性・・・・
「50歳の女性が働ける場所が欲しいです」

また、「会社が赤字」「会社が吸収合併する。金融危機で大変」などの方が、「リストラなんだけど、次の仕事を探すためには、自己都合にしたほおがいい」と、会社の問題でなく、自己都合で退職されている方が複数いらっしゃいました。

仕事に就きたいけど、就けない実態にたくさんぶつかり、雇用拡大と景気回復のための政策がいま求められていると実感。

しかし、野田政権がやろうとしていることは、消費税を10%に引き上げる。TPPに参加するなど、日本経済をどん底まで、低迷させてしまう政策ばかり・・

TPPに参加すれば、農水省の試算でも、国内総生産8兆5千億円の減、350万人の雇用減が試算されています。

消費税増税も、TPP参加も反対です[emoji:e-2][emoji:e-2][emoji:e-2]
by shoot128 | 2011-12-20 18:20 | 地域を走る

日本共産党みわ(三和)智之 衆議院大阪11区国政対策部長


by shoot128